コラム

あらゆる業種、環境のお客様で利用可能なクラウドPBX 「Webex Calling」

感染症影響により働き方の選択が様々になりました。これに伴い、ネットワークは「ゼロトラスト」、「SD-WAN」がキーになり環境の変更を実施した(または実施検討中)というお客様が多数だと思います。感染症以前からクラウドシフトやDXはIT業界でもバズワードであり、大きく環境が変わって行く中、電話というコミュニケーション方法が置き去りになっていないでしょうか?

 

■調査内容

弊社が独自に調査した「1000名以上の従業員規模のお客様向けアンケート」においても、クラウドPBX導入済みのお客様は25%、導入検討中のお客様が23%、検討していない・わからないというお客様は52%という結果で、まだクラウドPBXへの注目度は低い状況です。

【アンケートはこちら「659人のIT担当者様に聞いた!テレワーク実態調査レポート ~導入・運用・課題~」】

しかしながら、働き方の選択が自由になった=ハイブリットワークの浸透という状況で、電話についても、コスト削減やDXが起こせると考えています。

 

□働き方の変化

働き方の変化:世の中の潮流はハイブリッドワークへ向かう

□ハイブリッドワークとは?

ハイブリッドワークとは?ー各個人で最高のパフォーマンスを発揮できる方法を選択し働き方をデザイン

■あらゆる業種のお客様で利用可能

 最近では、法人のお客様に加えて、自治体様のお問合せが増えております。クラウドPBXですと、電話対応を行うためにわざわざ出社するようなことは不要です。病院・医療関係のお客様も同様で、今まで一般的だったPHSサービス終了に伴い、内線環境をどのように整えるのか?というのも課題になっていると思います。お客様によって電話における現状の課題を改めて整理することも必要かもしれません。

 

■あらゆる環境に対応可能

 既存で利用中のPBX(電話交換機)とのの連携、Web会議や、スマートフォン、他クラウドシステムとのAPI連携なども容易です。

 

□業界唯一のハイブリッド型プラットフォーム

具体的な利用シーンや効果については、別のコラムで紹介します。

 

 

(お問い合わせ・ご依頼はこちら↓↓)

NTTデータルウィーブ株式会社 ISソリューション事業本部 ISS営業部 営業担当まで

mail:network@nttdata-luweave.com

TEL:044-223-4903