コラム

「Cisco Catalyst 9000」シリーズ導入における 「DNAライセンス」の選び方② Part1

Cisco DNA Centerを活用しCisco Catalystシリーズを管理する際は、DNAライセンスが必要ですが、各ライセンスでどこまでの機能が実装できるのか?という点を、分かりやすく説明します。

Part1では【Cisco DNA Essentialライセンスでできること】を、Part2は【Cisco DNA Advantageライセンスでできること】のご紹介になります。

◆ネットワーク管理における課題

  • 機器構成:どこに何がつながっているのか?
  • 運用管理:Syslog、SNMP管理における専門性の高さ
  • 管理対象の多様化:回線、アプリケーション(クラウド含む)、ネットワーク機器、端末

理想としては、メインの管理者でなくとも、誰でも管理できるネットワーク環境であること

◆DNAライセンス

DNAライセンスには、EssentialAdvantageがあります。金額も異なり、後者の方がやや高価です。
まずはネットワークの可視化(Cisco DNA Assurance)での各ライセンスが実装できる機能を紹介します。

Cisco DNA Assurance:「Cisco DNA Center」のAssurance(可視化・健全性)について

◇Cisco DNA Essentialライセンスでできること

 ネットワーク可視化における基本機能を実現いたします。

ネットワーク機器、クライアント端末の
パフォーマンスを点数化
(10点満点)

ネットワーク機器のパフォーマンス クライアント端末のパフォーマンス

↑ パフォーマンスが低下している AP・クライアント端末をすぐに特定 ↑

問題のある機器だけでなく、
「問題の起こりそうな機器」
がどこにあるのか一目で分かります!

トポロジーマップで健全性チェックやリンクの状態が確認できます。

 

マップを拡大すると、
ポート単位の結線
まで見えます。

トポロジーマップで健全性が確認できます。

↓ 拡大すると機器単位で確認できます! ↓

↓ さらに拡大するとポート単位で結線が見えます! ↓

ポート、デバイスビューでポート単位で確認ができます。

↓ Cisco DNA Centerがあれば配線確認もスムーズ ♪ ↓

Cisco DNA Centerがあれば配線確認もスムーズになります。

 

フロアマップで
電波とAPのパフォーマンス
を確認できます。

フロアマップで可視化された電波到達範囲やパフォーマンスの点数が確認できます。

電波到達範囲確認、パフォーマンスの点数確認可能

Part2では【Cisco DNA Advantageライセンスでできること】をご紹介します。

過去のコラムはこちらです。
「Cisco Catalyst 9000」シリーズ導入における 「DNAライセンス」の選び方

 

属人化したネットワーク管理からの脱却が課題だった
株式会社コロプラ様のCisco DNA Center導入事例となります。
ご覧ください。

Cisco DNA CenterのAssurance(可視化・健全性)のチェック方法はこちらです。
動画で手順を説明いたします。

資料をダウンロード