コラム

「Cisco Catalyst 9000」シリーズ導入における 「DNAライセンス」の選び方② Part2

Cisco DNA Centerを活用しCisco Catalystシリーズを管理する際は、DNAライセンスが必要ですが、各ライセンスでどこまでの機能が実装できるのか?という点を、分かりやすく説明します。

Part1では【Cisco DNA Essentialライセンスでできること】を、Part2は【Cisco DNA Advantageライセンスでできること】のご紹介になります。

◇Cisco DNA Advantageライセンスでできること

Cisco DNA Advantageライセンスは、Part1でご紹介したCisco DNA Essenntialの上位ライセンスで、さらなるネットワークの見える化を実現いたします。
※ DNAライセンスはCisco Catalyst製品に同梱されていますので、Essential or Advantageを選択して購入する必要があります。

障害対応で最も手間のかかる作業が
「自動化」されます

パケット自動キャプチャ

パケット自動キャプチャ 1.接続障害検知! 2.パケットキャプチャ取得済みマーク  
1.接続障害検知!
2.パケットキャプチャ取得済みマーク
<< この2つの作業が人手で対応すると特に面倒
 

AIによる障害対応

Cisco DNA Centerは30年分の膨大なノウハウがあるTAC 障害対応データベースと連携しAIによる障害対応を行う

 

<<AI・機械学習』で有線・無線LANの問題を発見し原因を調査

 
<< さらに、                        
TACのナレッジベース』
から対応案を提示          
 

AIによる障害対応をもう少し詳しく説明します。

 

AIで障害対応を自動化

問題一覧   問題をクリックすると詳細を表示
問題一覧を表示すると問題詳細の説明がわかる

様々な情報から
AIが原因を推察

 潜在的な根本原因と考えられるネットワークの原因の表  

<<   パフォーマンスが想定よりも低下している時間帯が確認可能

 

<<   パフォーマンス低下と同時刻に干渉が増加していることを検知

 

Ciscoデータベースから対応策を提示

TACデータベースから対応策を提示
30年分の膨大なノウハウ ↑↑ TACのナレッジベース』 ↑↑
から対応案を提示

 

特定の誰かの障害対応も可能

検索機能で「人、MACアドレス、IPアドレス」を検索  
検索ボタンから特定端末を検索
→当該端末の過去のパフォーマンスで問題発生した箇所を確認可能
端末のパフォーマンス履歴(最長7日間)1か月前まで遡及可能
→問題を表示すると詳細、原因、対応策が表示される
発生した問題を一覧化

◆ライセンスの使い分け

 EssentialとAdvantageライセンスを使い分けることも可能です。(ネットワークの可視化:Assuranceを実現する場合です)

 例えば、以下の使い方があります。

  • 障害の切り分けや再現性が難しい無線LANについては、AI・機械学習を活用できるAdvantageライセンスを選択。
  • コアスイッチとフロアスイッチまでをAdvantageライセンスにて構成し、障害発生時に緊急性の低いエッジスイッチはEssentialライセンスを選択。

次回はネットワークの自動化について、ライセンス選択の違いをまとめます。

 

過去のコラムはこちらです。
「Cisco Catalyst 9000」シリーズ導入における 「DNAライセンス」の選び方

 

 

属人化したネットワーク管理からの脱却が課題だった
株式会社コロプラ様のCisco DNA Center導入事例となります。
ご覧ください。

Cisco DNA CenterのAssurance(可視化・健全性)のチェック方法はこちらです。
動画で手順を説明いたします。

資料をダウンロード